HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

緑のカーテンで夏を乗り切る

今年の夏は、エコ生活のため緑のカーテンを作ってみました。まず最初のミッションとして、ゴーヤの苗を買って来て植えました。当初の予定では、種から育てるつもりだったのですが、売っている種の数が緑のカーテンに必要な苗の数より多かったので、苗を買ってきて育てることにしました。ここからゴーヤの生命力の強さが発揮され、多少水を与えるのを忘れていても、枯れずに順調に成長し、見事な緑のカーテンが完成しました。緑のカーテンが完成してみると、見事に影を作り、緑のカーテンを通る風は涼しく感じられました。考えてみると、緑のカーテンは、よく出来たシステムだと思えます。葉が影を作るのと同時に蒸散した微小な水を放出し、それが気化熱を奪い空気を冷やす。このシステムを科学の力で作ると難しいです。自然の力に偉大さを感じる夏の一時でした。

応援企業

オープンハウス社長は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 オープンハウス社長
WEBサイト オープンハウス社長による特別インターンシップ開催
会社案内 オープンハウスに入社する上での最大メリットは、自身と企業の成長を味わえることです。“失われた20年”世代、“さとり”世代と呼ばれてきた若者が、存分に成長を楽しめる、常に上を目指せる。それを強く伝えたい。 荒井正昭社長は、2013年に東証一部上場の記者会見で、「10年以内に売上高5000億円を目指す」と宣言されていました。その目標も、わずか6年で達成が見えてきました。 少子化が進み、共働きの家族が増加する中、消費者のニーズは“狭くてもいいから通勤に便利な立地を”と変わってきました。 オープンハウスの代表取締役社長:荒井正昭さんは32歳(1997年)で株式会社オープンハウスを設立しました。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。